安全運転が一番大切!

車

車を運転するということは、様々なリスクを考えながら安全に配慮しなければいけません。
特に、軽貨物運送などの輸送業の場合は、お客様の荷物を運んでいるのでなおさら安全運転が必要になるのです。

慣れてきた頃は特に注意をしなければいけない

運転を始めた頃は、誰でも緊張感を持って安全運転をするはずです。
しかし、段々慣れてくるとスピードを出してしまったり、裏道を使って渋滞を回避したりするため、安全運転に対する意識が低くなってしまいます。
慣れてきた頃に事故を起こす人が多いのですが、事故を起こすと遅配になってしまうだけではなく、場合によっては商品を大量に破損する可能性も考えられます。
そうなってしまうと、廃業になってしまうこともあるので十分に注意しましょう。

学生が休みになる時期は事故が多い

学生が春休みや夏休みなどの長期休みに入ると、普段は歩行者が少ない道路でも歩行者が増える可能性があります。
子どもたちは想像しないような動きをすることもあるので、歩行している子どもや自転車には学生が休みではない時期から注意をするなど、意識を周囲に向けてみましょう。
そうすることによって、安全運転にもつながることになり、事故を防止することができます。

ニュース

2018/09/19
万が一に備えることも重要を更新しました。
2018/09/19
一匹狼では稼げない…かも?を更新しました。
2018/09/19
安全運転が一番大切!を更新しました。
2018/09/19
信用を得ることが次につながるを更新しました。