一匹狼では稼げない…かも?

車と電卓

軽貨物輸送は、基本的に1人で仕事をします。
一匹狼などと言われることもありますが、実は横のつながりが非常に大切な業種でもあるのです。

横のつながりはなぜ必要なのか

横のつながりが必要になる理由は、一匹狼な業種だからこそ同業者とのつながりが大切になるからです。
軽貨物輸送は、個人事業主として仕事をしている人もいますが、仕事が突然なくなってしまう可能性があります。
そのため、突然仕事がなくなって困った時に連絡を取れる人が必要なのです。
普段仕事をしている時は1人でも問題がないかもしれませんが、いざという時に頼ることができる相手がいれば、仕事自体も進めやすくなり、問題への対処も素早くできるようになるでしょう。

横のつながりを作るためには

横のつながりを作るためには、同業の仲間であることを知ってもらう必要があります。
そのためには、配達先を出入りしている同業の人に自分から挨拶をするように心がけ、世間話などもするようにしていきましょう。
お互いに距離は縮まってきたら、連絡先を交換し、仲間を増やしていく方法が良いのではないでしょうか。
基本的に同業者から話しかけられて嫌な顔をする人は少ないはずなので、気軽に話すことができるでしょう。

ニュース

2018/09/19
万が一に備えることも重要を更新しました。
2018/09/19
一匹狼では稼げない…かも?を更新しました。
2018/09/19
安全運転が一番大切!を更新しました。
2018/09/19
信用を得ることが次につながるを更新しました。