振袖のTPO

振袖にもTPO!主役は誰?

振袖は未婚の女性の第一礼装とされ、成人式や親族の結婚式、友人の結婚式や披露宴に、また卒業式や結納のとき、フォーマルなパーティーなどに着ます。
振袖は袖の長さによって格が違い、袖丈の最も長い大振袖(本振袖)が一番格式が高い着物とされています。
振袖は、「厄をふりはらう」といった意味もあり、昔から人生の節目の成人式に着用されてきました。

振袖の種類について

振袖は、胸、肩、袖、裾などに模様がつながるように施されており、大振袖(本振袖)、中振袖、小振袖に分けられます。
大振袖の袖の長さは114センチ、中振袖は90~102センチ、小振袖が80センチまでとなります。
大振袖は成人式や結婚式の披露宴に、中振袖は友人の結婚式や披露宴に、小振袖は袴と合わせて卒業式などに適しています。

振袖の着物はほとんどが正絹ですが、レンタルなどであまりにも安いものはポリエステルの場合もあります。
また、レンタルの場合、振袖は正絹でも長襦袢(ながじゅばん)がポリエステルの場合もあるようです。
素材が違うとしっくりなじまず、着物から長襦袢がのぞいたりすることもあるので、同じ素材に揃えるようにしましょう。

着物と帯の格を合わせることも大事で、フォーマルな着物には袋帯と決まっています。
袋帯とは袋状に織られたものや、表と裏の2枚を縫い合わせてたもので、幅が30~32センチ、長さが約4.2メートルの帯です。ミスは変わり結びにします。
生地は錦織り、唐織り、つづれ織りなどで金糸や銀糸が織り込まれています。

主役は誰?

振袖を着るときは、「主役は誰?」と自分に聞いてみましょう。
成人式はもちろん自分が主役ですが、友人の結婚式に招かれた場合は、新婦が主役です。
友人の結婚式や披露宴で花嫁さんが大振袖を着用する場合は、招待された方は大振袖は控えて、中振袖や小振袖にしておくのがエチケットです。
また、招待された方は花嫁さんの衣装の色と重ならないようにする配慮が必要です。

近頃は新郎の姉が独身ということもあるようですが、40歳を過ぎての振袖も控えておく方が無難のようです。
あくまでも新婦が主役なので、身内とは言え、あまり華やかな着物より抑え気味の色留袖や訪問着が品よく見えます。

色止め袖は準礼装として既婚、未婚を問わず着ることができます。
訪問着は略礼装として既婚、未婚を問わず着用でき、色無地は一つ紋をつけると訪問着と同様に略礼装として既婚、未婚を問わず着ることができます。

着物を選ぶときのコツ

着物は仕立てる場合もレンタルする場合も、身丈や着丈、裄などが自分に合っていないとしっくりきません。
体の厚みや、身長、肌の色によっても似合う色が違ってきますが、自分の体形にさえ合っていれば、色や柄は自分の好みで選ぶとよいでしょう。
親世代やお店の人は赤やピンクといった色を勧めがちですが、ワンピースを選ぶ感覚で自分好みの色や柄を選ぶと後悔しません。

柄ものの着物を選ぶ場合、一般的には背が低めの人は小柄を、背が高めの人は大柄のものを選ぶとバランスが良いかと思います。
また、痩せた人はクリームやピンク系などの淡い暖色系の地色を、ふくよかな人は黒や紺などの寒色系の地色が似合うと言われています。

近年では、成人式の着物選びの場合には写真写りの良い、はっきりとした赤地や黒地などに華やかな模様が入った振袖が人気のようです。

まとめ

長い女性の一生の中で振袖を着ることができるのは、ほんの数年のことです。
着物を着ると気持ちがひきしまり、新たな意欲がわいてきます。
成人式や卒業式は自分が主役なので、自分の個性を大いにアピールしましょう。
しかし、友人の結婚式の主役は新婦さんなので、新婦さんの引き立て役にまわりましょう。
着物の似合う大人の女性は、さりげない配慮ができる人です。

ピックアップ

振袖のメイクや香水について

化粧品

着物は、日本独特の文化のひとつです。着物の入門ともいえる振袖を自分らしく品よく着こなし、これからも着物の文化を永く伝えていきたいものです。…

続きを読む

最新記事一覧